東広島地区医師会


地域連携室 
  〜組織や職種を超えた地域のネットワーカーを目指します!〜
 
メインメニュー 






 は地域のネットワーカーを目指します!!

   地域ネットワーカーとは?
  
 ”協働する”組織づくりのための連携作業を自ら進んで担う人をネットワーカーと呼んでいます。
 ネットワーカーの特質は、問題解決に対する全体のイメージをもち、戦略的、革新的に組織や人、また、情報発信者としての労をいとわず、予算枠組みの仕立て直しに「こころを砕くことに 懸命になれる人で、いわゆる、超発信型の働きのできる人」です。
 


 あざれあが総合窓口となり、在宅を取り巻く問題を共に考え、
 安心して暮らせる環境づくりの架け橋となります。

 

活動@ 相談窓口

市民の皆さま全般からのご相談はもちろんのこと、多職種の方(医師・歯科医師・薬剤師・ケアマネージャー・MSW・相談員・看護師・介護士など)、どなたからでも、相談を受け付けております。電話や来訪相談だけでなく、出張相談も可能です。相談依頼書は、資料からダウンロードできます。
 

活動A 病診連携促進・多職種連携支援

入退院時の病院と診療所間の情報共有や連携促進、退院後の看護・介護サービスなどの調整支援などを行います。
また、多職種連携における課題の抽出と解決策を見つけ出す支援や、在宅医療従事者の負担軽減の支援、人材育成なども行います。

活動B 在宅医療に関する地域住民への啓蒙活動

広報誌やホームページにて在宅医療の情報をお伝えします。
また、社会福祉協議会や地域包括支援センターの市民向けイベント、勉強会や研修会に参加するなど、広報活動を行っています。

 
 
 
 
 


一般社団法人 東広島地区医師会

地域連携室 あざれあ

〒739-0003 東広島市西条町土与丸1113番地
TEL 082-493-7360
FAX 082-493-7361


 ページトップへ    医師会トップへ